東京に事務所が移転するとき

事務所が今まであったところから東京に移転するとなったら考え無くてはならないことがあります。それは、自分の住むところをどうするかです。東京は、とても家賃の高い土地です。世界的に見ても家賃相場がかなり高く、地方で同額を出していた時に比べてかなり狭い家しか借りられないということになります。または、同じ広さを求めようとすれば2-3倍の家賃になってしまうことも考えられます。この問題はとても大きいですが、東京も実は広いですので、少し遠いところに住めばかなり家賃をお支えられます。また、駅から遠い物件であればあるほど家賃が安くなる傾向にあるといえるので、自転車を購入して駅までは自転車、駅からは電車で通勤というふうに割りきってしまえばなかなか楽しい通勤ライフがおくれます。事務所の移転によって生活がガラッと変わってしまうかもしれませんが、新天地でまた楽しみを見つけて行けると視野が広がります。

事務所が東京に移転することになりました

今いるところから、東京への事務所移転が決まるとバタバタと忙しくなります。急に色々なことを用意しなくても良いように、事前に準備をすることが大事です。事前準備というのは、荷物の整理や周囲への挨拶、移転先への交通手段の確保や、移転先周辺の情報収集などです。荷物の整理は、業者に頼んでおこなってもらうのが便利です。必要な物は配送を手配し、不必要な物は業者が手配をして処分をしてくれます。今は個人情報などに細心の注意を払う必要があります。迂闊に住所録などを廃棄しないように気をつけるなどしてコンプライアンスを守りながら作業をすすめることが大切です。周囲への挨拶、は今までお世話になった人たちに感謝をすることで区切りをつけて新しいスタートをきるために必要です。そして新しい所でお世話になる人たちへの配慮も忘れず、しっかりと挨拶回りをするのが礼儀となります。

事務所の移転なら東京へ

東京は日本経済の中心地であることから、たくさんのオフィスがあります。そのため、会社間の連携が取りやすく、さらにオフィスが増えていくという良い循環があります。また、印刷会社が多いので事務所の業務がより円滑に進み、移転にはぴったりです。しかし、東京という土地の都合上、家賃を気にする方が多くいます。確かに非常に利便性が高い土地なので必然的に地価や家賃は高くなりがちではあります。とはいうものの、場所によって差が大きいです。そのあたりに配慮したオフィス街もあります。何よりも事務所の業務実績が飛躍的に向上する可能性があるので、家賃を遥かに上回るメリットが秘められています。それに加えて、東京に事務所を置くことで会社としての評価が上がるということもあります。これは経済の中心地に事務所を構えられることから会社として上り調子という印象を与えやすいからです。